コラム

コラム掲載|コンビニエンスストア(CVS)のここ1か月の動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小売フランチャイズ

当研究会幹事であり日本フランチャイズ研究機構取締役の西野公晴がコラムを掲載しました。

フランチャイズ(FC)全売上高の約4割、小売業FC売上高の約6割を占めるコンビニエンスストア(CVS)。3月を中心とする各社の動きを拾いだしてみました。
JFAが発表した最新の統計でも(3月21日発表)、2月の対前年比は、昨年がうるう年で1日多かったことを差し引いて考えれば、堅調な伸びを示していることがわかります。しかしながら、昨今CVSに限らず、あらゆる業界で大きな課題となっている生産年齢人口の減少による人手不足により、今後のCVSの成長も安閑とはしていられません。

続きはコチラ→「コンビニエンスストア(CVS)のここ1か月の動き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる!FCチェーン収支モデル比較ハンドブック

■小売業4業態、外食業3業態、サービス業5業態の初期投資額・モデル収支を比較
■本部選びの参考に必須の書籍

いったんFC加盟すると契約書を締結し簡単にやめられません。後悔しないFCチェーン選びは必須です。本ガイドブックでは、小売業から4業態(コンビニ、買取、配食、弁当)、外食業から3業態(カフェ、居酒屋、ラーメン)、サービス業から5業態(学習塾、理美容、リラクゼーション、フィットネス、ハウスクリーニング)を選び、初期投資額・モデル収支・研修制度などを業態内各社で比較しました。本部選びの参考にご活用ください。

目次はこちら