コラム

日本フランチャイズ研究機構『最新FCトレンド』2017年9月度掲載分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランチャイズ総合

(株)日本フランチャイズ研究機構のホームページにて掲載されている『最新FCトレンド』2017年9月度分です。

『メガジーを目指すには』

(株)日本フランチャイズ研究機構 代表取締役 伊藤恭

日本のフランチャイズが歴史を積み重ねる中で、メガジーの数もどんどんと増えているようです。私の推測ですが、日本にメガジーが300社近くは存在するのではと考えています。メガジーはフランチャイズ加盟店(予備軍も含む)の『憧れ』といってもいいでしょう。

続きはコチラ→「メガジーを目指すには

『CVSの7月の動き』

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 西野公晴

JFAが8月21日に発表した7月の統計では、同月は平均気温が高かったため、冷やし麺・飲料・アイスクリーム等の夏物商材の売れ行きが好調で、全店・既存店ともに客単価は前年を上回る結果となりましたが、客数の減少の影響を受け、既存店売上高は若干のマイナスとなりました。

続きはコチラ→「CVSの7月の動き

『外食業界におけるグローバル展開』

昨今の外食業界における海外展開事情について概観します。外食企業の成長戦略としては,M&Aによる規模の拡大と海外進出による地域の拡大という2つの方向性が考えられます。通常はいずれかに軸足を置いた成長戦略がとられますが,企業規模が大きくなれば2つを同時に行うことも可能です。

続きはコチラ→「外食業界におけるグローバル展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック

お店をチェーン化するための戦略の立て方から実践的なすすめ方までのすべて!

外食産業に携わる人にとって「自分のお店を持つ」ことは、憧れであり夢です。そして、自分のお店が繁盛すると、2店目、3店目と広げていって、やがては「多店舗のオーナーとして経営したい」と思いたくなるものです。
本書は、すでに自分のお店を持っている人、これから独立してお店を持とうとしている人に、商売をもっと大きくするための知識や具体的な方法を指南。直営店を増やしていくだけではない変化球的な飲食ビジネスから、従業員や知り合いへの「のれん分け」のしかた、そして他人資本を相手にした本格的なフランチャイズ化の方法まで、飲食店の実践的な成長戦略のすべてをやさしく解説。
「のれん分け契約書」のモデル例も掲載しているので、飲食店経営を指導している実務家にも役立つ決定版です!

目次はこちら