コラム

日本フランチャイズ研究機構『最新FCトレンド』2017年12月度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
本年もフランチャイズビジネスの健全な発展とノウハウ開発のため、積極的な活動を展開していく所存です。
(株)日本フランチャイズ研究機構のホームページにて掲載されている『最新FCトレンド』2017年12月度分を紹介します。
昨年末、大晦日には、2017年の外食チェーン業界を振り返り10大ニュースを選びました。

危ないチェーンの見分け方 ~その1~

(株)日本フランチャイズ研究機構 代表取締役 伊藤恭

チェーンの善し悪しを見る方法はいろいろあるでしょう。例えば、法定開示書面に書かれている本部の決算書、店舗数や売上の増減、契約更新率など。すでにそのチェーンに加盟しているオーナーさんの生の声なんていうのも判断材料になります。でも、、、

続きはコチラ→「危ないチェーンの見分け方 ~その1~

CVSの11月の動き

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 西野公晴

JFAが12月20日(水)に発表した11月度のコンビニ統計調査月報では、店内調理品等のカウンター商材や中食等が引き続き好調に推移しており、特に11月は平均気温が低かったため、麺類・中華まん等の温かい商品の売れ行きが良かったことから、全店・既存店ともに客単価については前年を上回りました。一方、、、

続きはコチラ→「CVSの11月の動き

2017年外食チェーン業界を振り返る

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 山岡雄己

大晦日の本日、2017年の外食チェーン業界を振り返ってみたいと思います。慣例に従って今年の10大ニュースを、筆者の独断で選んでみました。来年は、ビールをはじめとする原材料の高騰、人材不足による労務コストの増大など、厳しい局面が予想されますが、、、

続きはコチラ→「2017年外食チェーン業界を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック

お店をチェーン化するための戦略の立て方から実践的なすすめ方までのすべて!

外食産業に携わる人にとって「自分のお店を持つ」ことは、憧れであり夢です。そして、自分のお店が繁盛すると、2店目、3店目と広げていって、やがては「多店舗のオーナーとして経営したい」と思いたくなるものです。
本書は、すでに自分のお店を持っている人、これから独立してお店を持とうとしている人に、商売をもっと大きくするための知識や具体的な方法を指南。直営店を増やしていくだけではない変化球的な飲食ビジネスから、従業員や知り合いへの「のれん分け」のしかた、そして他人資本を相手にした本格的なフランチャイズ化の方法まで、飲食店の実践的な成長戦略のすべてをやさしく解説。
「のれん分け契約書」のモデル例も掲載しているので、飲食店経営を指導している実務家にも役立つ決定版です!

目次はこちら