コラム

低額投資FCの概要 ~高齢者向け宅配弁当について~ 『成功する!低額投資フランチャイズ(H25.3発刊)』より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
低額投資フランチャイズ

本コラムは平成25年3月に発刊した『成功する!低額投資フランチャイズ』より抜粋掲載しています。
※H25年3月発刊時の情報であり最新の情報ではない点はご了承ください。
以下、成功する!低額投資フランチャイズ ~はじめに~ より

私たちは最近の潮流となっている低額投資FCビジネスに注目し、FC本部・加盟者に調査ヒアリングをして、その実態を明らかにしたいと考えました。調査ヒアリングは過去3年間のフランチャイズ・ショーで標準開業資金1000万円以下として記載があった出展企業を中心としてFC本部21社、FC本部から紹介いただいた加盟店7社、合計28社に実施しました。業種をみると、学習塾から介護事業、リサイクル、生活支援など最近の潮流を代表する業種から広くヒアリングすることができました。本書は、これからFCチェーンへの加盟を検討している加盟希望者だけでなく、FC本部企業にとっても参考になる内容となっています。フランチャイズ・ビジネスの発展に向けて少しでもお役に立てれば幸いに存じます。

高齢者向け宅配弁当について

最近、社会的に興味を持たれているのが高齢者向け宅配弁当であります。今回は、本部は大手2社(いずれも日本フランチャイズチェーン協会の正会員)と、その加盟店2社を取材しました。
まず、宅配弁当事業(高齢者には限定しない)は、市場の拡大が期待できるだけに、競争状況は厳しくなっております。高齢者向けではありませんが、「ワタミの宅食」「セブンーミール」等大手が宅配弁当に進出しており、特に加盟店の一部から競争激化で、今後より厳しい局面が出てくるだろうとの意見が出ております。
大手2社の調査では、いずれも初期投資金額は1千万円以下で、例外としてエリアを複数購入して、法人として将来の利益を期待し、現在の利益はあまり考慮しない事例がありますが、これは例外として読んで下さい。
調査した2社はいずれも日本フランチャイズチェーン協会の正会員社であり、情報開示については積極的であり、いずれも納得できる情報であり、中には法定開示書面を提示して、それを基にして説明する会社もありました。
加盟者の収入は、1社では加盟9年後で、年収500万円程度であり、悪くはないが、決して群を抜いて高いものではありません。今後の競争激化を考えると、本部としてはもっと加盟店の収益の増加について検討する余地があります。また、加盟後、損益分岐点に達する期間が1年程度掛かり、それをデメリットとして開示している姿勢には好感が持てます。
1社では、最近大手コンビニエンスストア(コンビニ)の資本が8割以上入り、経営は安定するし、加盟店からも「安心できる」等の経営安定を期待する声も出ており、社員からも好感する旨の意見が聞かれました。そのチェーンでは、既に実験レベルで、当該コンビニの商品を宅配弁当便に乗せるテストが実施されており、「高齢者弁当とういう名前の宅配便」という性格が徐々に高まることが期待されます。
2社のフランチャイズ本部の聞き取り調査を通して感じた点は、両社とも加盟店に比較して、直営店が1~2店と異常に低い点であります。本来、フランチャイズとは、本部が直営店を少なくとも数店経営して、経営ノウハウを蓄積し、加盟者にそのノウハウや商標を提供するビジネスであります。1~2店の直営店では、ノウハウの蓄積には少なすぎて、不十分であるので、今からでも直営店の数を増やすことを期待致します。また、両社とも加盟店の退店比率が7~10%と高い点も気になります。高齢者向け宅配弁当の競争が激しいことを示す数値でもあると思います。
「銀のさら」ブランドで宅配寿しのシェア50%以上を占めるレストラン・エクスプレス社も、今春、高齢者向け宅配事業に本格参入する意向で、現在5店舗の拠点を2015年度までに全国150ヵ所程度に増やす計画を示しています。(日経MJ:2013年1月9日)
しかし競争社が続々現れるということは、このマーケットが有望であることを示す指標であり、「高齢化社会の社会的インフラ」とも評価できるビジネスであります。
将来性は高いし、まだまだ市場は拡大することが期待できます。弁当の宅配と併せて安否確認、声掛け等高齢者には必須のビジネスであり、社会的意義も高いビジネスと評価できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初期投資額1000万円以下「成功する!低額投資フランチャイズ」

■今、フランチャイズの主流はスモールパッケージ
■28社(本部・加盟店)の直接取材レポートを掲載
■低額投資FCに加盟して成功する10ヶ条を伝授

FCショーの出展社をみると、これまでは標準開業資金が数千万円かかるビジネスが当たり前でしたが、ここ数年では、1000万円以下の出展社割合が大半を占めており、明らかに低額投資のFCビジネスが時代の主流となってきています。
そこでまとめられた冊子が本書です。FC本部・加盟者計28社に直接ヒアリングを行い実態を調査し、低額投資FCに加盟して成功するための10か条をまとめました。
本書はこれからFCチェーンへの加盟を検討している加盟希望者だではく、FC本部企業にとっても参考になる内容となっています。

目次はこちら