• 研究会メンバー

00フランチャイズ研究会

00フランチャイズ研究会

経済産業大臣登録中小企業診断士を中心に構成されるフランチャイズ研究会(FC研究会)は、フランチャイズ本部(フランチャイザー)やフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)、FC加盟希望者等を対象とした事業支援や経営指導、各種セミナーなどを通して、FCビジネスの健全な発展とノウハウ開発を目的とした研究実践団体です。
会員は、FC本部開発事業支援、本部経営指導、スーパーバイザー教育、立地診断、加盟支援などの専門家であり、多くの者が第一線で活躍しています。

00フランチャイズ研究会の記事一覧

フランチャイズ展開か直営か
本部構築・海外展開

どのような場合にフランチャイズ展開し、どのような場合に直営化するのか

新たなビジネスモデルを立ち上げるときにどのようなときにフランチャイズを利用して、どのようなときに利用しなくなるのでしょうか? 本来、フランチャイズをビジネスモデルの一手法として考えると、フランチャイズ展開によるメリットを取れるときはフランチャイズにより事業を拡大し、経営環境が変化し、フランチャイズ展開しているデメリットがメリットを上回るようになった場合に直営化を進めるのではないでしょうか。

本部構築・海外展開

フランチャイズ・チェーンに向く事業とは?6つの事例も紹介

一般的には、店舗運営の標準化・単純化・専門化が可能で、十分な潜在市場規模が期待でき、スケール・メリットが発揮できる事業が、チェーン・オペレーションに向いているといえます。では、チェーン・オペレーションに向く事業のなかでもフランチャイズ・ビジネスに向く事業とは、どのような事業でしょうか?具体的な6つのフランチャイズ本部の事例も紹介します。

フランチャイズチェーンとレギュラーチェーンの比較
本部構築・海外展開

フランチャイズ・チェーンとレギュラー・チェーンとの比較

スターバックス、ドトールコーヒー、タリーズは全てチェーン店ですが、スターバックスはレギュラー・チェーンであり、ドトールとタリーズはフランチャイズ・チェーン展開をしています。店舗を一見しただけでは、フランチャイズ・チェーンなのかレギュラー・チェーンなのか見分けはつきません。 レギュラー・チェーンと、フランチャイズ・チェーンの違いはどこにあるのでしょうか。