• 研究会メンバー

00フランチャイズ研究会

00フランチャイズ研究会

経済産業大臣登録中小企業診断士を中心に構成されるフランチャイズ研究会(FC研究会)は、フランチャイズ本部(フランチャイザー)やフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)、FC加盟希望者等を対象とした事業支援や経営指導、各種セミナーなどを通して、FCビジネスの健全な発展とノウハウ開発を目的とした研究実践団体です。
会員は、FC本部開発事業支援、本部経営指導、スーパーバイザー教育、立地診断、加盟支援などの専門家であり、多くの者が第一線で活躍しています。

00フランチャイズ研究会の記事一覧

本部構築・海外展開

フランチャイズ・チェーンに向く事業とは?6つの事例も紹介

一般的には、店舗運営の標準化・単純化・専門化が可能で、十分な潜在市場規模が期待でき、スケール・メリットが発揮できる事業が、チェーン・オペレーションに向いているといえます。では、チェーン・オペレーションに向く事業のなかでもフランチャイズ・ビジネスに向く事業とは、どのような事業でしょうか?具体的な6つのフランチャイズ本部の事例も紹介します。

フランチャイズチェーンとレギュラーチェーンの比較
本部構築・海外展開

フランチャイズ・チェーンとレギュラー・チェーンとの比較

スターバックス、ドトールコーヒー、タリーズは全てチェーン店ですが、スターバックスはレギュラー・チェーンであり、ドトールとタリーズはフランチャイズ・チェーン展開をしています。店舗を一見しただけでは、フランチャイズ・チェーンなのかレギュラー・チェーンなのか見分けはつきません。 レギュラー・チェーンと、フランチャイズ・チェーンの違いはどこにあるのでしょうか。

日本を変えたフランチャイズチェーン
基礎知識

イノベーションを起こしたフランチャイズチェーン6つの事例

日本政府は、日本経済を活性化させ、再興していくための政策の柱として、イノベーションによる成長実現を掲げ、中小企業・小規模事業者のイノベーション推進を支援しています。中小企業のほうが、リスクを決断できる、迅速な意思決定ができる、など有利な点もありますが、スピード感のある事業展開を図るためには、資金や人材が不可欠となります。これらの経営資源を補完してくれるのが、フランチャイズ・システムです。

フランチャイズ方式による海外展開ガイド
本部構築・海外展開

『フランチャイズ方式による海外展開ガイド(契約書フォーマット付き)』...

『フランチャイズ方式による海外展開ガイド』を発刊しました。 本書には、フランチャイズ方式による海外展開に欠かせない「マスターフランチャイズ契約書」「マルチユニット契約書」「シングルユニット契約書」の3つの契約書のひな形も掲載しています。海外展開を計画、準備している企業様必見の書物です。