情報開示書面
FC加盟

フランチャイズで重要な情報開示書面(法定開示書面)の大切さを理解しよ...

ゴーストレストラン
トレンド情報

『ウィズコロナ時代に向けたゴースト・レストランの現状と留意点』の公開

のれん分け
本部構築・海外展開

【これからお店を増やしたい方へ】のれん分けを社内人事施策として利用する

情報開示書面

フランチャイズで重要な情報開示書面(法定開示書面)の大切さを理解しよ...

今回は、法定開示書面に記載されて情報をどうやって活用するかについて、例をあげて考えてみましょう。貴方がダメなチェーンに加盟してしまうと、もうこれは一大事。店を閉めて、チェーンをやめても借金などの負債が残ります。この借金は自己破産しない限り、死ぬまで付いて回る。また、契約解除を理由に本部から多額の違約金を請求されることもあります。フランチャイズ加盟は、加盟店オーナーの人生そのものを左右する重大事項なのです。

情報開示書面

フランチャイズで重要な情報開示書面(法定開示書面)の大切さを理解しよ...

法定開示書面って何だかご存知ですか。フランチャイズ加盟を検討されている方の中に、法定開示書面の存在自体を知らない方がたくさんます。法定開示書面はこれからフランチャイズに加盟しようとする方にとってとても大切な資料で、重要な情報源です。是非、法定開示書面についての理解を深めてください。

立地診断

まずはフランチャイズ加盟しようとする本部の立地基準を確認する

フランチャイズに加盟してお店をオープンしようとする場合、最初の難関は物件の探索です。本部からの紹介もありますが、フランチャイジー自身が足を使って探すことが原則です。しかし、物件が見つかり“さあ、これからは開店に向けてピッチをあげよう!”という時に本部から“待った”がかかり、「どうして??苦労して見つけたよい立地なのに・・・」ということがたびたび起こります。

フランチャイズ本部を見極める

フランチャイズ本部を見極める「6つの視点」とは

日本フランチャイズチェーン協会の「JFAフランチャイズチェーン統計調査(2019年度)」によると、日本のフランチャイズチェーン(本部)の数は1,324となっています。また、この調査で把握できていない本部も相当数存在するため、実際の数はもっと多いと考えられます。これだけの本部の中から一つを選ぶことは、加盟希望者にとって簡単な作業ではありません。

フランチャイズ収支モデル

フランチャイズ収支モデルの見方

FCチェーンの加盟希望者にとって、FCチェーン加盟でどれだけ資金が必要なのか、開業後にどれだけ売上・利益がでるのか、という点は、最大の関心事です。いったんFC加盟すると契約書を締結し簡単にやめられないことから、後悔しないようにFCチェーンを選択する必要があります。 しかしながら、チェーン選びにあたり、十分な比較検討をせず、1つのFCチェーンに決め打ちをして加盟するケースが散見されます。