フランチャイズ研究会
研究会活動

日本におけるフランチャイズの課題と,フランチャイズ研究会のミッション

フランチャイズ展開か直営か
本部構築・海外展開

どのような場合にフランチャイズ展開し、どのような場合に直営化するのか

フランチャイズ方式による海外展開ガイド
本部構築・海外展開

『フランチャイズ方式による海外展開ガイド(契約書フォーマット付き)』...

フランチャイズ展開か直営か

どのような場合にフランチャイズ展開し、どのような場合に直営化するのか

新たなビジネスモデルを立ち上げるときにどのようなときにフランチャイズを利用して、どのようなときに利用しなくなるのでしょうか? 本来、フランチャイズをビジネスモデルの一手法として考えると、フランチャイズ展開によるメリットを取れるときはフランチャイズにより事業を拡大し、経営環境が変化し、フランチャイズ展開しているデメリットがメリットを上回るようになった場合に直営化を進めるのではないでしょうか。

のれん分け

のれん分け制度の基礎知識。のれん分けってなに?成功するためのポイントは?

のれん分けとは、会社で働く社員に対して、自社の商標や経営ノウハウを使用して事業経営することを認める制度をいいます。古くは江戸時代からある制度で、長年仕えた奉公人が一人前になると、主人が奉公人の労に対する恩返しを目的として、奉公人の独立を支援していたことがはじまりといわれています。

フランチャイズ・チェーンに向く事業とは?6つの事例も紹介

一般的には、店舗運営の標準化・単純化・専門化が可能で、十分な潜在市場規模が期待でき、スケール・メリットが発揮できる事業が、チェーン・オペレーションに向いているといえます。では、チェーン・オペレーションに向く事業のなかでもフランチャイズ・ビジネスに向く事業とは、どのような事業でしょうか?具体的な6つのフランチャイズ本部の事例も紹介します。

フランチャイズチェーンとレギュラーチェーンの比較

フランチャイズ・チェーンとレギュラー・チェーンとの比較

スターバックス、ドトールコーヒー、タリーズは全てチェーン店ですが、スターバックスはレギュラー・チェーンであり、ドトールとタリーズはフランチャイズ・チェーン展開をしています。店舗を一見しただけでは、フランチャイズ・チェーンなのかレギュラー・チェーンなのか見分けはつきません。 レギュラー・チェーンと、フランチャイズ・チェーンの違いはどこにあるのでしょうか。